LINE

中古フードトラック(キッチンカー)の選び方を紹介!相場価格や購入時の注意点を解説

昨今、あちこちで「フードトラック」「キッチンカー」「移動販売車」が注目されており、実際にこれらの車両で販売している商品を購入した経験があるという方も多いでしょう。中古車市場も盛り上がっていますが、これらの車両を中古車で購入する場合はいくつか注意するべきポイントがあります。

 

そこで今回は、中古フードトラックの購入を選択する場合の価格相場や注意点について解説します。

中古フードトラックの選び方

中古のフードトラックを探すにあたっては、以下のポイントに注意することをおすすめします。

車両の種類

フードトラックといってもさまざまな車両の種類がありますが、最大のポイントは「内部のスペースの広さ」です。

フードトラックとして運用するにあたっては、調理スペースや食材の保管スペースなど、販売スタイルによってさまざまな広さがが必要になります。大型車両は内部スペースも広く、ゆったりとした空間で調理を行うことができます。また、大型であるほどにアピール力も強く、宣伝効果が高いので大型イベントでは注目の的になるでしょう。

ただし、基本的に自動車は大型であるほどに中古車でも販売価格は高くなります。しかし、中古車は年式や走行距離などの条件で販売価格も変わってきますので、予算にマッチした中古車を探すことをおすすめします。

内装

次に注目したいのは「内装」の問題です。

中古のフードトラックでは、すでに調理器具などの装備が付いている場合と、付いていない場合があります。すでにコンロや冷蔵庫などの装備が付いている状態で販売されている中古フードトラックは、調理器具を自分で買い足さなくてよいため、調達費用を大幅に抑えられるでしょう。

新車や、装備のない中古のフードトラックだと、必要な器具を一から自分で考えて決めなくてはいけないため、相応の手間がかかります。一方で、装備が備え付けてある中古のフードトラックであれば、足りないものだけ購入すれば良いことが大きなメリットです。ご自身の販売スタイルに最も適した内装のトラックを購入できれば、そのメリットを最大化できます。

外装

次は「外装」です。

フードトラックの外装は、売上に大きく影響します。ただし、多少の傷や汚れであればカーラッピングを施すことでいくらでも補うことが可能です。中古車なので外装については不安な車両も多いでしょうが、いくらでも挽回できるので内装ほど重要視する必要はないでしょう。

足回り

最後は「足回り」についてです。

中古のフードトラックの足回りは、いかに定期的にメンテナンスをされているかが大きなポイントになります。そのため、中古フードトラックのメンテナンス履歴を確認すると良いでしょう。重要なタイミングで余計なトラブルを起こさないためにも、きちんとメンテナンスをして使われてきた中古フードトラックを探したいところです。

中古フードトラックの相場価格

中古でフードトラックを購入したい場合、車両の種類によって以下の相場となるでしょう。

・軽トラック:100~200万円
・軽バン:100~180万円
・普通車バン:150~300万円
・1トントラック:200~400万円
・海外輸入車:250~350万円

新車で購入する場合と比較すると、大幅に購入費用が安いことがわかります。また、中古車の場合は年式や走行距離などの条件により、同じ車種でも販売価格が異なります。最終的には予算と相談することになるでしょうが、ご自身が描く販売スタイルに最もマッチするフードトラックを見つけたいところです。

トラック購入時の注意点

中古フードトラックのメリット

フードトラックを中古車で調達する場合、以下のメリットが発生します。

購入費用を抑えられる

1つ目のメリットは「購入費用を抑えられる」ことです。

基本的に中古車は、同じ車種を新車で購入する場合と比較して安い値段で販売されています。そのため、フードトラックとして購入する場合も、中古車で購入したほうが購入費用を抑えられるのです。

フードトラックという新しいビジネスを展開するにあたって、予算の問題や損益の話を考えると、少しでも開業費用は抑えたいと考えるでしょう。そのため、中古車を選択することで車両の購入費用を抑えて、新しいビジネスをスムーズにスタートできるようにすることには大きなメリットがあります。

手間がかからない場合もある

2つ目のメリットは「手間がかからない」ことです。

すでに調理器具や冷蔵庫などの内装が揃っている状態で販売されている中古フードトラックもあります。これを購入することができれば、空っぽのフードトラックに一から内装を詰め込んでいくための手間がかかりません。

フードトラックを開業するにあたっては、少しでも早く営業をスタートしたいと考える方も多いでしょう。内装が揃っている状態のフードトラックを見つけることができれば、内装の購入費用も抑えられますし、調達の手間がかからないのでスピーディにフードトラックを開業することが可能です。

トラックリースのメリットとは?

中古フードトラックのデメリット

上記のようなメリットがある中古フードトラックの購入ですが、以下のデメリットがあることも無視できません。

見えない部分が劣化しているかもしれない

1つ目のデメリットは「見えない部分が劣化している可能性がある」ということです。

中古車ゆえに、前の持ち主が少なからず使用しています。車両というものは奏功させればするほどに各パーツが劣化してしまいますので、新車と比較すると劣化のスピードは速いものです。

劣化したパーツは修理すれば良いのですが、修理には少なからず費用がかかります。結果、当初想定していた開業費用がさらに膨れ上がってしまい、予算オーバーになってしまうケースも少なくないでしょう。

手直しが必要な場合、開業までに手間がかかる可能性もある

2つ目のデメリットは「開業までに手間がかかる可能性がある」ということです。

前述のとおり、すでに前の所有者が内装を揃えた状態で販売されているフードトラックを購入できれば、内装を買いそろえる手間が省けるという説明をしました。しかし、これは誰しもに共通して当てはまるというわけではないのです。

調理器具は、何を販売するかによって必要なものが異なります。そのため、不要な装備がある場合は撤去して必要な装備を整える必要があるため、まっさらな状態で購入する場合よりも逆に手間がかかってしまうケースも想定しなければならないのです。

中古フードトラックを買う際に気を付けること

最後に、中古のフードトラックを購入するにあたって気を付けるべきポイントについて解説します。

保健所からの営業許可申請基準をクリアしているか確認する

まずは、購入する車両が保健所からの営業許可申請基準をクリアしているかどうかを、きちんと確認しておきましょう。

営業許可の基準は、自治体によって異なります。そのため、前の所有者が利用していた地域では営業許可が得られていた車両でも、新しい持ち主のエリアでは許可が下りない可能性もあります。利用する地域での営業許可基準をクリアしていることをきちんと確認しておきましょう。

車両の状態をきちんと確認する

次に、車両の状態はきちんと確認しておきましょう。

中古車ですから、どこかに不具合が生じている可能性は十分にあります。車両はもちろん、内装がある場合はその設備についてもきちんと使えるかどうかを確認しておきましょう。

信頼できる販売店を選ぶ

次は、信頼できる中古車販売店を選んで購入することです。

とくに重要なのは「サポート」の充実さです。中古車の購入後はさまざまなトラブルが起こり得るものですから、その際に十分なサポートを得られる販売店であれば安心してフードトラックを購入できるでしょう。

トラックリース&ローン.comでは、お客様の希望する形状のトラックを予算にあわせてお探しし、仕入れを行います。
24時間ロードサービス付きでご案内しているので、納車後も安心です。

あんしん0円提供

オークションやフリマサイトからの購入は避ける

最後に、「オークション」「フリマサイト」で中古フードトラックを購入するのは避けてください。

個人間の取引だと、どうしてもトラブルの発生リスクは高くなってしまいます。それなりに高い買い物になるわけですし、ビジネスに利用する車両を購入するわけですから、前述のとおり信頼できる販売店から購入することをおすすめします。

まとめ

中古フードトラックは、販売価格が安いのが魅力ですが、傷みなどのデメリットはどうしても避けられません。新車での購入も視野に入れつつ、信頼できる販売店を探して、ご自身の販売スタイルに最もマッチする中古フードトラックを見つけ出してください。

その他ご質問やご相談もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

VOICE お客様の声

CONTACT お問い合わせ / 審査お申し込み

電話、メール、ビデオ通話それぞれで
ご相談・お申し込みできます。

電話でのお問い合わせ先

0120-109-622

対応時間:9:30~18:30(土日祝日休み)

オンライン商談対応アプリ

         新車・新古車のマイカーリース「JOBBY」