トラック購入時の注意点

トラック購入時の注意点

あなたはトラック購入時の注意点についてご存じでしょうか?

自社で物品を運ぶ時に、必要になってくるのがトラックです。

トラックがあることで、自社で自由に物品を目的の場所に運ぶことができます。

またトラックには、新車・新古車・中古車の3つのグレードがあります。

それぞれ特徴があり、できるだけ自社の状況に合わせた購入がベストです。

では、トラックの購入には、一体どんな点に気をつける必要があるのでしょうか。

今回は、トラック購入時の注意点 についてわかりやすくご紹介します。

トラック購入時の注意点

駐車中の大型トラック

あなたは今後、トラック購入のご予定がありますか?

自社で物品を運ぶのであれば、間違いなくトラックが必要になります。

ただし、これまで1度もトラック購入の経験がないと、意外に手間がかかります。

その理由は、トラックの購入は、一般的な乗用車の購入とは大きく異なる点があるからです。

ところでトラックの購入には、新車・新古車・中古車の3つのグレードがあります。

この3つの中で、特に購入が難しいのが新車トラックです。

新車トラックはトラックディーラー経由での販売

 

では、一体なぜ新車トラックの購入は難しいのでしょうか?

その理由は、高額な購入金額にあります。

仮にあなたがトラックディーラーに購入に行っても、乗用車を購入するようには簡単には売ってはくれません。

ちなみにトラックディーラーとは、トラックメーカーと特約店契約を結んだ「正規販売店」のことです。

通常、新車のトラックは、トラックディーラー経由での一般販売になります。

運送用の新車トラックは高額

 

実は運送用のトラック(4トン以上)を新車で購入しようとすると、高級外車や場合によっては戸建て住宅・マンション並みの価格になることがあります。

よって、トラックディーラーは簡単には「はい、OKです!」とは、いってくれないのです。

もちろん、現金一括購入できれば、トラックディーラーも商談に乗ってくれます。

ところがローンやリースでの購入になると、トラックディーラーの対応は俄然厳しくなります。

また、新古車であっても、高価格帯のトラックであればトラックディーラー・代理店とも、やはり対応が厳しいものになりがちです。

実際、高価格帯のトラックをローンやリースで購入した場合、途中で支払いが滞ると困るのはトラックディーラー・代理店なのでその点は仕方ありません。

ところで中古車トラックは、新車・新古車と比べると価格が断然安く、できるだけ販売業者も早く売りたいと考えているので購入に関しては買いやすくなっています。

利用用途に合ったボディタイプを選ぼう

 

あなたはトラックの利用用途に合ったボディタイプを選んでいますか?

トラックには、多くの種類のボディタイプがあります。

ちなみにトラックのボディタイプとは「トラックの荷台部分の装備」のことです。

ところでトラックは、利用用途に応じて、様々なボディタイプがあります。

こちらでは、トラックの利用用途別の5つのボディタイプについてご紹介します。

①一般的な荷物の運搬

 

一般的な荷物の運搬には「平ボディタイプのトラック」がおすすめです。

平ボディタイプのトラックの特徴は、屋根がなく、低床フラットで、アオリ(側板)を倒せば簡単に荷物の載せ降ろしをすることができます。

また、ベルトやロープを使えば、高さがある荷物も安全に運ぶことができます。

➁食品・日用品・宅配便の運搬

 

食品・日用品・宅配便の運搬には「バンボディタイプのトラック」がおすすめです。

バンボディタイプのトラックの特徴は、箱型荷室になっていることです。

リアドアから荷物を積み降ろしでき、天候に左右されることなく運ぶことができます。

➂土・砂・砕石の運搬

 

土・砂・砕石の運搬には「ダンプボディタイプのトラック」がおすすめです。

ダンプボディタイプのトラックの特徴は、荷台に直接土・砂・砕石を載せることができることです。

また、降ろす時には荷台を傾けて、運んできた土・砂・砕石を滑り落とすことができます。

④生鮮食品の運搬

 

生鮮食品の運搬には「冷蔵庫ボディタイプのトラック」がおすすめです。

冷蔵庫ボディタイプのトラックの特徴は、箱型荷室が断熱構造になっており、室内を指定の温度まで冷やすことができることです。

温度管理が必須の生鮮食品の運搬には最適です。

⑤輸送用コンテナの運搬

 

輸送用コンテナの運搬には「コンテナ専用車」がおすすめです。

コンテナ専用車の特徴は、荷台に輸送用コンテナをそのまま載せることができることです。

輸送用コンテナには主に、鉄道コンテナ・海上コンテナ・航空コンテナなどがあります。

新車と新古車・中古車の違い

 

通常、トラックの購入には、新車・新古車・中古車の3つのグレードからの購入が一般的です。

では、この3つには一体どんな違いがあるのでしょうか。

こちらでは新車・新古車・中古車の違いについてご紹介します。

①新車トラックとは?

 

新車トラックとは、一般的にトラックメーカーの正規販売店であるトラックディーラー経由で、直接購入したトラックのことです。

新車トラックで購入すると、価格は3つのグレードの中で最も高額になります。

ただし、購入者がオプション・架装をオーダーすることができ、トラックを購入前に自由にカスタマイズ(改変)することができます。

また、メーカー保証・ディーラー保証がつき、耐用年数もフル活用することが可能です。

3つのグレードの中でも、トラックを最高の状態で購入することができます。

➁新古車トラックとは?

 

新古車トラックとは、未使用車トラックのことです。

ちなみに正式名称は「登録(届出)済未使用車トラック」になります。

簡単にいうと、初度登録(しょどとうろく)はされたが、トラックとして実際に使用されていない車のことです。

ただし扱い的には、新車ではなく、あくまで中古車トラックの部類に入ります。

新古車トラックが存在する理由は、主にトラックディーラーの販売ノルマ達成の為や展示用の為です。

価格的には新車トラックよりも安く購入することができ、ディーラー保証がつき、耐用年数もフル活用することが可能です。

ただし、オプション・架装は現行品・展示品のままです。

➂中古車トラックとは?

 

中古車トラックとは、登録(届出)済トラックで、一度でも購入された履歴があるトラックのことです。

走行距離は関係ありません。

こちらでは新古車と区別するために、一般購入者から、1度でも購入された履歴があるトラックのこととします。

中古車トラックは、ディーラー・サブディーラー・代理店・中古車専門店・個人などの様々なチャンネルから購入することができます。

一般的に価格は、3つのグレードの中で、最も安く購入することができます。

保証はつきますが、通常1年保証です。

修理・メンテナンス・車検が必要なこともあります。

また、オプション・架装は現行品のままです。

ローンとリースの比較

 

あなたはトラックのローンとリースの違いについてご存じでしょうか?

トラックの購入には、現金一括購入の他に、ローンとリースがあります。

こちらでは、トラックのローンとリースの違いについて比較してご紹介します。

①トラックのローン購入

 

トラックのローン購入とは「金融機関からお金を借りて、トラックを自社で購入する」ことをいいます。

通常、金融機関は次の2つのケースが一般的です。

❶信販会社経由のクレジットカードローン

❷銀行・JA・労金経由のオートローン

➁トラックのリース

 

トラックのリースとは「リース会社とトラックの借主が、一定期間(比較的長期)契約を結び、トラックを貸借(たいしゃく)する」ことをいいます。

貸借とは、貸し借りのことをいいます。

一般的な新車トラックリースの特徴は、リース会社が借主が希望する新車のトラックを、資金を出して購入してから、借主に貸すという仕組みになっています。

なので、一般的なレンタルとは全くの別物になります。

架装も検討しよう

 

現在、トラックの架装をご検討中であれば、ぜひトラックリース&ローンcomにお問い合わせください。

架装には荷台・荷室・幌・ダンプ荷台・大型コンテナ・トレーラー・ウィング・保冷荷室・冷凍荷室・作業装置・クレーン・装備などがあります。

トラックリース&ローンcomであれば、自社の業務に合わせた架装に自由にカスタマイズすることができます。

VOICE お客様の声

CONTACT お問い合わせ / 審査お申し込み

電話、メール、ビデオ通話それぞれで
ご相談・お申し込みできます。

電話でのお問い合わせ先

0120-109-622

対応時間:9:30~18:30(土日祝日休み)

オンライン商談対応アプリ