LINE

トラックの購入とリースを徹底比較!気になるメリット等も解説!

トラックの購入とリースを徹底比較!気になるメリット等も解説!

トラックを調達する方法はさまざまですが、事業用に調達する場合だと「自費での購入」か「リース契約」が主流となるでしょう。比較してみるとどちらにもメリットがありますが、その内容を知らなければどちらの方法でトラックを調達しようか悩んでしまう方も多いでしょう。

 

そこで今回は、トラックを購入する場合とカーリースする場合の違いについて解説します。

トラックの購入とリースの違い

まずは「購入」と「リース」の違いを簡単におさらいしておきましょう。

購入

「購入」は文字通り、トラックを自費またはカーローンを組んで入手する方法です。

新車の場合だと数千万円の価格で販売されているトラックですから、多くの場合はローンを組んで購入することになるでしょう。その場合、頭金を用意して、残額を毎月の分割払いで支払っていくスタイルになります。

リース

「リース」は、リース会社にトラックを購入してもらい、それを借り受けて月々のリース料金を支払っていく方法です。

リースには大きく分けて「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」という2つの契約方法があります。ファイナンスリースは車両代と登録諸費用、諸税(自動車税、自動車重量税など)と各種保険料が含まれているサービスです。一方でメンテナンスリースはそれに加えて定期点検と車検、消耗品(タイヤ、バッテリーなど)の交換費用と事故時の修理など、トラックの維持にかかわる費用も含まれています。

メンテナンスリースの方が毎月のリース料金は高くなりますが、車にかかわるメンテナンス作業や事務処理といった業務をリース会社に委託できることを考えれば、業務負担が大幅に軽減されるでしょう。

購入とリースを徹底比較

購入でトラックを所有するメリット・デメリット

次に、トラックを自費またはローンを組んで購入する場合のメリットおよびデメリットについて解説します。

メリット

トラックを購入することのメリットは「自身の所有物になる」ということです。

リース契約の場合、トラックの所有者はリース契約期間中はリース会社のものです。購入の場合、自費であればすぐに、ローンの場合は完済後は自分が所有者になることができるため、売却できますし、自由にカスタマイズすることも可能です。

また、事業用にトラックを購入した場合、トラックの購入費用は「減価償却」して費用化することができます。トラックの購入費用は高額であるため、これを数年にわたって分割で経費にすることができれば、会社の経営状態にも大きく影響するでしょう。

デメリット

トラックを購入することの最大のデメリットは「金銭的な負担が大きい」ということです。

自費で購入する場合、新車であれば数千万円という高額の買い物になります。ローンを組む場合でも頭金が必要ですし、ローン返済時には「利息」が発生しますので、最終的な支払いは全額自費で購入する場合よりも大きな金額になります。

トラック購入時の注意点

リースでトラックを所有するメリット・デメリット

次に、トラックをリースする場合のメリットおよびデメリットについて解説します。

メリット

リース契約でトラックを調達することのメリットは、1つ目に「リース料金は費用として計上できる」ことにあります。適切に費用として計上することで、会社の経営状況を適正に申告して節税できます。

2つ目は「トラックの維持にかかるコストをすべてリース料金でまとめられる」ことです。メンテナンスリースの場合、トラックの維持にかかる費用はすべてコミコミでリース料金として支払うため、いちいち経費計上する必要がなく、会計処理が手軽になるのです。

トラックリースのメリットとは?

デメリット

トラックをリース契約する場合のデメリットは、1つ目に「所有権がない」ことです。事業用のトラックは長く乗り続けることが前提となるため、その間売却することもできませんし、購入する場合よりも費用負担が大きくなることも想定されます。

2つ目のデメリットは「契約期間中は解約にコストがかかる」ことです。リース契約の期間中に解約する場合、違約金の支払いが必要になりますので、手痛い出費となるでしょう。

使用用途に合わせて「購入」か「リース」を決めよう

「購入」と「リース」、どちらにもメリット・デメリットがありますが、メリットを最大化するためには「使用用途に合わせた調達方法を模索する」ことが重要です。

主に「どのくらいの期間トラックを必要とするのか?」が判断基準のベースになると思います。毎月の負担はリースの方が安くなるケースも多いですが、最終的な金銭面での負担は購入の方が安く済むケースも考えられるのです。トラックの運用方法を計画し、その計画に最適な調達方法でトラックを用意しましょう。

トラックリース&ローン.comでは、お客様ごとに異なるベスト≪トラック≫と最適な≪リース会社≫or最安な≪ローン会社≫を一括審査し最適料金を提案。
納車後も無料ロードサービスをご用意しており、トラックの一生を一緒にサポートいたします。

トラックリース&ローン.comのサービスについて

まとめ

トラックの購入とリースを比較すると、さまざまな違いがあることがわかります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、メリットを最大化できる方法でトラックを調達することをおすすめします。そのためには、トラックの運用方法のシミュレーションが欠かせません。その計画に最適な方法で、購入かリースかを選択しましょう。
ご質問やご相談は何でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

参考資料:トラックはリースと購入のどちらを選択すべき?比較してみました「ドライバーズジョブ」

ドライバーズジョブ

VOICE お客様の声

CONTACT お問い合わせ / 審査お申し込み

電話、メール、ビデオ通話それぞれで
ご相談・お申し込みできます。

電話でのお問い合わせ先

0120-109-622

対応時間:9:30~18:30(土日祝日休み)

オンライン商談対応アプリ