LINE

トラックの燃費を向上させる方法を詳しく紹介!


トラックの運用にはさまざまなコストがかかりますが、その1つに「ガソリン代」が含まれています。
ガソリンの消費量はトラックの燃費性能に依存しますが、少しでもガソリン代を節約するためには燃費の向上が欠かせません。
一番の燃費向上は【エコトラックへの車両変更】ですが。

そこで今回は、トラックの燃費を改善させるための方法について解説します。

トラックの平均燃費

一般的な大型トラックの平均燃費は、車種により微妙に違いますが平均的に1リットル4㎞だといわれています。

一般的な普通乗用車の平均燃費が1リットル20㎞以上であることを考えると、非常に燃費性能が悪いとわかります。自動車の燃費性能はエンジン性能などさまざまな要因が関係していますが、大型トラックの場合だと最大の問題となるのは「車体重量が重い」ことです。

人間だって、重い荷物を運ぶのに相当な労力が必要であり、場合によっては複数人で重い荷物を運ばなければなりません。車体重量が重く、重い荷物を積んで走行する大型トラックの場合は、それだけ重い重量を動かすだけの動力(エネルギー)を確保しなければならないのです。そのため、一般的な乗用車と比較すれば燃費性能は大幅に悪くなってしまうのは仕方がありません。

同じ距離を走行するために、一般的な自動車と比較すると、多くのガソリンを消費しなければなりません。そのため、トラックの維持費として必要なガソリン代も、相当な負担になるケースが多いでしょう。

トラックの燃費を大きく左右する2つの要素

通常、燃費性能を改善するには「燃費性能の良いトラックに買い替える」という方法が一般的です。何らかの手段で改造するなどの方法以外だと、他に方法がありません。とはいえ、それには莫大なコストがかかります。

しかし、やり方次第ではトラックを運転・運用する人の工夫によって、燃費をわずかですが改善する余地はあるのです。その方法は、大きく分けて「運転技術を工夫」と「整備・メンテナンスをこまめに行う」という2種類の手段が挙げられます。

各トラックのメーカー保証期間

運転技術

トラックの燃費は、ドライバーの運転技術によって変動する可能性があります。

一般道を走行する際に早めにシフトをあげることによって、エンジンの回転数を小さく抑えて走行すれば燃費は向上するでしょう。また、高速道路を走行するにあたっては、可能な限り無駄な減速をせず一定のスピードでの走行を保つことも重要です。

他には、長い下り坂では「エンジンブレーキ」や「排気ブレーキ」を活用することで、走行スピードを調節すれば燃費が良くなります。さらに、走行速度を出し過ぎないように意識するだけでも、少しですが燃費は向上します。

ただし、あくまでも「安全運転第一で走行する」ことは念頭に置いて工夫する必要があります。高速道路では走行スピードを一定にすることでガソリン消費を抑えられますが、危険な運転をして良いというわけではありません。あくまでも安全運転を第一に心がけて、その上で可能な場合においてトラックの燃費を良くできるような運転方法を実践する、というスタンスが良いでしょう。

トラックの整備状態

トラックの整備状態が良好であることも、トラックの燃費に少なからず影響します。

空気圧が正常でなければ燃費は低下するので、こまめに空気圧をチェックしておくことが望ましいです。また、エンジンオイルを交換しないまま走行すると燃費の低下を招きますので、こまめに交換したいところだといえます。

長距離走行が多く、重量物を積載して走行するトラックは、乗用車以上に定期的な整備が欠かせない車両です。上記のようなチェックポイントを考慮して、日常的に乗車前点検や整備を行えば、燃費向上につながります。

トラックのメンテナンスには、相応の手間とコストがかかります。しかし、きちんと整備して使用していなければ、それ以上の手間やコストがかかる事故の原因になるのです。日常的な点検整備によって万全な状態で運用することにより、燃費の改善だけでなく、事故・トラブルのリスクを抑える結果になります。
トラックリース&ローン.comでは、3ヶ月ごとにに定期点検ができるメンテナンス込みのリース契約も可能です。

メンテナンスリースのご案内

トラックの燃費を向上させる方法

「ドライバーの運転技術」と「日ごろのメンテナンス」が、トラックの燃費にも少なからず影響します。最後に、これらの具体的な方法について解説します。

運転技術の4つのテクニック

燃費向上になる運転技術に関するテクニックは、大きく分けると以下の4種類が挙げられます。

・安全運転
・グリーンゾーンでシフトアップ
・長時間アイドリング回避
・エンジンブレーキと排気ブレーキ

たとえば「急発進」「急加速」「急ハンドル」は、ガソリンを大きく消費します。「アイドリング」を控え、一定の速度での走行を心がけたりと、基本的な安全運転のマナーを守ることが、トラックの燃費向上につながるのです。

速度計の横にある「タコメーター」には、それぞれ「レッドゾーン」と「グリーンゾーン」という領域があります。タコメーターは、回転数表示がグリーンゾーンに被っている状態が、シフトをあげる適正タイミングであり、これが視覚的に分かるようになっているのです。

トラックに多く採用されている「ディーゼルエンジン」は、ガソリンエンジンのように馬力やトルクを得られる構造ではありません。そのため、ガソリンエンジンほどエンジンの回転数を上げずとも、トラックとして必要十分なレベルの馬力やトルクを得られるのです。

さきほども触れた「アイドリング」は、燃費を低下させる大きな原因となります。トラック業務は長時間になることも多いので、休憩によるアイドリング停車させる時間も増えるでしょう。車内での快適性は、車内を快適に保てるようなグッズを活用するなどして、アイドリングしなくても快適に過ごせる工夫をしましょう。

「エンジンブレーキ」や「排気ブレーキ」を利用せずに急停車すると、燃費が低下します。また、トラックに積んでいる荷物にも無用な衝撃を与える可能性があるでしょう。トラックを減速させる際には、アクセルペダルから足を離してからエンジンブレーキにより徐々に減速して、最後にブレーキを使うことをおすすめします。

運転に慣れていない方の場合、これらを意識しすぎることが逆に事故の原因につながる可能性も否定できません。ある程度トラックの運転に慣れた方におすすめするテクニックとなっています。

トラックの整備状態の4つのテクニック

トラックのメンテナンスでは、以下の4つのテクニックが燃費向上に役立ちます。

・定期的なエンジンオイルの交換
・タイヤの空気圧を適正化
・エアクリーナーをこまめに清掃
・低燃費タイヤへの交換

メンテナンスの重要性は、燃費向上に役立つというだけでなく「事故を防ぐ」という観点においても重要なポイントです。メンテナンスを怠った状態で運用すると、走行中を中心にさまざまなシーンでの事故やトラブルの原因となります。
ファイナンスリースでもメーカー保証及びあんしん0円サポートがトラックリース&ローン.comでは活用いただけます。

あんしん0円サービス

定期的にメンテナンスを行い、万全な状態でトラックを運用することにより、燃費を改善できるだけでなく、安全にトラックを運用できるでしょう。もちろん、技術的な安全運転も重要であり、安全運転もまた燃費向上に貢献します。

まとめ

トラックの維持費改善には、燃費の改善も重要です。さまざまな手段で燃費を改善できますので、可能な方法から実践することをおすすめします。燃費改善の方法の中には事故やトラブルのリスクを抑えることにつながる手段もありますので、とくにこまめなメンテナンスを意識することは重要です。

ご質問・ご相談はこちらから

VOICE お客様の声

CONTACT お問い合わせ / 審査お申し込み

電話、メール、ビデオ通話それぞれで
ご相談・お申し込みできます。

電話でのお問い合わせ先

0120-109-622

対応時間:9:30~18:30(土日祝日休み)

オンライン商談対応アプリ

         新車・新古車のマイカーリース「JOBBY」