LINE

トラックの買い取り、下取り、オークションの特徴やメリットをそれぞれ紹介!

不要になったトラックを処分する際や、新しいトラックを購入する際の購入代金の補填目的として、保有するトラックを売却することはあるでしょう。
トラックに限った話ではありませんが、売却する方法として一般的に「業者に買い取ってもらう」「業者に下取りに出す」「オークションで売却する」という方法があります。
そこで今回は、トラック買取・トラック下取り・トラックオークションでの売却それぞれの特徴について解説します。

トラックの買い取り

トラックを、買取業者に買い取ってもらって売却する方法です。
買い取ってくれる業者は大きく分けて「買取の専門業者」と「買取と中古車販売の両方を手掛けている業者」の2種類があります。
具体的な買取価格は業者に査定額を算出してもらう必要がありますが、年式や走行距離などの情報をネット上に入力することでおおよその買取価格を算出できるツールを利用して事前に相場を調べておくこともおすすめです。

買取のメリット

中古トラックを買い取ってもらうことのメリットは「高価買取が期待できる」ことにあります。
とくに、中古トラック買取の専門業者だと、買取に際してキャンペーンを利用することで査定額をプラスしてもらうことができ、予想以上の価格でトラックを買い取ってもらうことができる可能性があるのが魅力です。
買取の専門業者ともなれば、他の売却方法では値段がつかないような中古トラックでも値段を付けて買い取ってくれるケースもあります。
すぐに現金が欲しい場合には、即日現金買取が可能な買取業者を選べば問題ありません。
買い取ってもらう業者の選択肢が多いため、取引先の新規開拓などにも役立ちますし、場合によっては今後トラックを取引するにあたって今まで以上に有利な条件で取引できる業者と巡り合える可能性もあります。

買取のデメリット

中古トラックを買い取ってもらうことのデメリットは「高価買取を目指すためには手間がかかる」ことが挙げられます。
同じ中古トラックでも買取業者によって実際の査定額は大きく異なるため、場合によっては低い査定額で買い取られてしまうこともあり、これを避けるためには複数の業者でトラックの買取査定を行ってもらう必要があるのです。
また、買取専門業者のほうが高額買取を期待できるのですが、この業者はあくまでも「買取の専門」であるため、新しいトラックが必要な場合は別の業者を探して購入する必要がります。
なお、別のトラックを購入するまでの代車が必要であれば、レンタル等で手配しなければならず、コストがかかるでしょう。
このように、手間の点においてデメリットがありますので、中古トラックを売却する前後のスケジュール次第ではこの手間が大きなトラブルをもたらす可能性がある点に注意が必要です。

トラックの下取り

新しいトラックを購入するにあたって、中古トラックをその業者に引き取ってもらい、トラックの購入代金から買取価格相当分を値引きしてもらう売却方法です。
すべてのトラック販売業者が手掛けているわけではありませんが、下取りを手掛けている業者であれば信頼関係を強化する目的でトラックを下取りに出すという選択肢もあります。

下取りのメリット

中古トラックを下取りに出すことには「手間が少なくて済む」というメリットがあります。
買取に出す場合は、売却と購入という別々のプロセスを経由する必要があるため、場合によっては予想外の手間に苦戦することになるかもしれません。
下取りの場合は売却と購入の2つのプロセスを同時に実行できるため、少ない手間でトラックの調達を実現できます。
また、新しいトラックの納入までにタイムラグがある場合は、その間は下取りの業者に代車を用意してもらえる可能性があります。
下取りというプロセスを経ることでディーラーや販売業者との信頼関係を強化でき、今後の取引に有利に働く可能性があることもメリットです。

下取りのデメリット

中古トラックを下取りに出すことには「売却価格相当分が買取の場合よりも低くなる可能性が高い」ことが挙げられます。
一概には言えませんが、買取専門業者に中古トラックを買い取ってもらう場合と比較すると、下取りによって値引いてもらえる売却価格相当分の金額は、多い場合だと数割ほど低いケースもあるのです。
価格交渉することも不可能ではありませんが、あまりにしつこく価格交渉するとディーラーとの信頼関係に悪影響を及ぼす可能性があります。
資金面で余裕があれば、手間などのメリットを考慮して下取りという選択肢を選ぶことも良いのですが、少しでも中古トラックを高額で引き取ってもらって新車購入の金銭的負担を減らしたいといった事情があるのであれば、下取りはデメリットが強く出てしまう売却方法となってしまうでしょう。

トラックリース&ローン.comでは、ご契約時に車両下取りも承っております。
車両下取りを行い、リース契約を行っていただいているお客様も多くいらっしゃいます。

お客様の声

トラックのオークション

中古トラックを取り扱っているオークションに出品し、競りにかけることで購入者と販売代金を決定する売却方法です。
中古車オークションの歴史は意外と古く、昭和の時代にはすでに中古車オークションの実態があったとされています。
中古車オークションの参加者は古物商許可を保有する業者が中心ですが、個人でもオークション代行業者に依頼することで中古車オークションに参加できます。
なお、トラックオークションでは「いすゞユーマックス」と「アライオートオークション」が有名です。

トラックオークションのメリット

トラックオークションで中古トラックを売却することには「予想外の高値がつく可能性もある」というメリットがあります。
これは一般的なオークションでの商品の取引に共通することなのですが、オークションは開始価格を設定して競売をスタートさせると、参加者が買取価格を吊り上げていきます。
もちろん、価値のないトラックであればそこまで価格が吊り上がることもないでしょうが、人気の車種や需要などの条件次第では、買取業者の査定額よりも高額買取してもらえる可能性は十分にあるのです。
業者の査定は年式や走行距離などに大きく依存しますが、パーツ目的など特殊なニーズでトラックオークションに参加している人の場合だと、そうした条件を無視して値段を上げてくれる可能性があります。

トラックオークションのデメリット

トラックオークションで中古トラックを売却することには「トラブルが起きやすい」というデメリットがあります。
一般的にトラックオークションはインターネット経由で実施されるため、購入希望者は取引されている中古トラックの現物をほとんど確認できない状態で落札することになるです。
最終的引き渡しを行う段階になって「想定外の問題がある」「思っていた状態と違っている」といった理由で、買取を拒否されてしまう可能性もあります。
この点は一般的なオークションと同じようなリスクになるわけですが、売却したいトラックの状態を可能な限り出品時に公開し、後になってトラブルの原因になるような事態になるリスクを少しでも抑えることをおすすめします。

まとめ

中古トラックの売却方法は、それぞれに固有のメリット・デメリットがあり、一概にどの方法が最もお得にトラックを売却できるとも言い難いです。
中古トラックを売却することを考えるにあたっては、それぞれの売却方法の特徴をしっかりと把握したうえで、ご自身にとって最もメリットのある方法で売却することをおすすめします。
その他ご質問やご相談もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

VOICE お客様の声

CONTACT お問い合わせ / 審査お申し込み

電話、メール、ビデオ通話それぞれで
ご相談・お申し込みできます。

電話でのお問い合わせ先

0120-109-622

対応時間:9:30~18:30(土日祝日休み)

オンライン商談対応アプリ

         新車・新古車のマイカーリース「JOBBY」